asahappyday’s diary

ふつうの会社員です。まいにち、大事にていねいに。が希望。

72時間ホンネテレビを見ていた3日間

この連休はこれを最優先にしようと決めていて、木曜の帰宅前に食材の買い出しも済ませ準備万端でのぞみました。

とはいっても、途中で飽きて、流し見になるだろうから、家のことをいろいろこなそうとたくらんでたんですけど、、、無理でしたねー予定していたことの半分もできず、集中してみている時間が結構長くありました。初日はほとんど眠れなかったし^^;

 

私はずっと昔、20年くらい前に中居くんが好きで、SMAPを好きになり当時は「がんばりましょう」という深夜に毎日やっていた番組にはまり、毎日ビデオをとってました。ただ好きといっても、ファンクラブに入ることもなかったし、ライブへ行きたいとも思ってなかったから、”ファン”と自分で言うのはためらわれるくらいのレベル。

その後、社会人になり忙しくなりテレビをあまり見なくなり。。。好きは好きのままだったけど、テレビは見れるときに見る程度で、録画をするようなことも、だんだん減っていきました。

それがあの騒動が起こり、そして去年年末、スマスマ最終回を見て、12/31に中居くんのラジオを聞いた。

 

その後から、本当の意味で私は完全にSMAPのファンになったのだと思う。ベストアルバムを買い、歌っている姿が見たくなりライブDVDを買う。見ていたらその歌を外出中に聞きたくなり、アルバムを買う。その繰り返し。こういうことをしてみて、はじめて理解したのは、SMAPのアルバムはライブのためのアルバムであり、ライブでパフォーマンスをしてこその、歌だったんだということ。ライブで歌っている姿を見て好きになった歌もたくさんあります。

今年に入ってから私のウォークマンは、SMAPしか流していません。それまでは別の人たちの歌をシャッフルで色々回してたけど、今年はSMAPのみ。

ちょうど今年に入ってから仕事のままならなさが深みにはまり、会社の方針との相違とか、一緒に働いていた信頼できる人の異動とかも重なり、やりがいが持てなくなりずっとモヤモヤの渦の中にいました。会社へ朝行くのが憂鬱な時、SMAPを聞いて元気をもらって会社へ向かう。帰りにモヤモヤを吹き飛ばすのもまたSMAPの歌でした。笑える自信のないとき、「ユーモアしちゃうよ」を聞けば、自然とほわっとした笑顔になることができた。

そんな即席ファンの私ですが、、3人の笑顔とパワーに終始、泣き笑いさせられた3日間でした。昔からブログはやってたけど、Twitterやインスタはちょっと苦手だったし、YouTubeもまったく興味なかったけど、そのおもしろさも理解できましたよーーこれからもちょっとづつ使いこなしてみようかと、今は思ってます。

生放送と連動というのが何より、すごかったんだとは思うけど、番組のなかとやり取りできたり、それをわかち合うことができるという、新しい形。ラジオに近いのかな。ネットテレビだからとって、下品になることはなく、騒がしいせわしない、のが苦手な私にはゆるさがちょうど良いくらいでした。時間配分とか、間合いとか・・・。あと、夜中にダイジェスト入れるのって大正解だと思った!24時間テレビとか、昔見てた頃、、夜中って無理やり続けてるからしんどい内容が多くって、なんか無駄なんじゃって思ってた。今回みたいにダイジェストにしてくれると、昼間仕事とかで見れなかった人には嬉しく、ずっと見てた人には眠れる時間ができるって!すごいいいアイデアじゃないのかーとか思ってみてました。

 

つよぽんはよくしゃべる。そしてパワフル。ほんっと何度笑いすぎで泣いたか!天真爛漫さが全開で、誰も傷つけたりせずに笑いを生むってすごい。そしてそれは、ある程度は自由にさせ突っ込む慎吾くんがいてこそのものなんだろうな。慎吾くんはまわりを気遣い、タイムスケジュールやどんな風に見えているかを気遣う人。番組全体や視聴者のことをすごく考えてるんだろうな、と。それがとても伝わることが多かったな。ゴロさんは、マイペースでもセンスよく。冷静かと思えば、するっと笑いをとったり、、それに何よりやっぱり最後の涙は不意打ちで、、きましたね・・・

最後の歌、72曲聞いて、、何よりSMAPを求めてしまう気持ちはあるけれど、今は今の3人を見て応援したいな・・・。仲たがいではないと思う、だから”いつか”は想像してしまうけど、、でも求めてしまうのは今をがんばろうと立ち上がった3人と、残ることを選んだ2人に申し訳ないと思うので、これからも今の場所でがんばる姿を応援したいし、こっちもパワーをもらいたいです。

勇気と笑顔をありがとう!