asahappyday’s diary

ふつうの会社員です。まいにち、大事にていねいに。が希望。

2019年も1か月以上過ぎましたが

あれもう2月も後半なんですよね。うーむ。

ちゃんと年末か年始に何か気持ちを書こうと思って考えてはいるのに、なかなかパソコンに向かい合わない毎日でした。

 

まさに、2018年がそんな一年だったかな。考えてはモヤモヤしながら、まとまらない。

 

働き方は変わりました。少し時間に余裕ができた。職場が働き方改革に乗り出したことと、仕事の役割が少し変わったことで、自分のペースで時間配分ができる業務になったことによるもの。

とにかく早く帰る日は増えました。その代わりに業務上、出張が増えたので、夏ごろは体力的にきつかったこともあるけれど、まあ、それもいい経験になったかな、と。自分の体力のなさ加減も把握できたし(笑)無理が来そうなときは休む、ということができるようになった。

 

ただ、、時間に余裕ができたことには後ろ向きな理由もある。

働き方改革だって言われて、会社が決めた制度があって、それについて疑問があって、話し合う場でもアンケートでも何度となく訴えたけれど、取り合ってはもらえなかった。

早く帰る、体を温存する、仕事以外の自分の時間を作る。それは大事。でも、、、仕事の”やりがい”や”達成感”は、なくなりました。うちの会社の場合だし、私の思いだし、誰しもに同じとは思えないけれど。

私は、会社の、事業のためにがんばりきることをやめました。自分の与えられた役割は精一杯こなします。100%で返しているつもり。でもそれまでにやってきていた、120%はやらなくなりました。自分のために仕事をするのなら、この働き方が自分の働き方だと、今は思っている。

前は120%やって、周りで落ちてしまいそうなハザマの仕事は拾い上げて、リスク回避をして、一緒に働く人たちとがんばることが私の”やりがい”だったけれど、今の会社の方針は、そのやり方は不要だという判断だった。残業してまでしないでください、ということ。

 

幸いなことなのか、不幸なのか。今一緒に働いている人たちに対して私は熱意を持てない。悪い人たちではないけど、同じ気持ちで同じ方向を向くことはできない。だから、私はもう自分の仕事以外のことに手を出すのをやめました。

それに気が付いている人はいないでしょう。それもまたすごいこと。私、こんなに熱意ないのに、ちゃんとこなしていれば、同じくらいの評価はもらえている。ああ、そんなもんなんだよね、仕事はね。そして私が手を出さなくて、何かが起きても、それはそれで何とかなるんだろうから。

だから、私は今の働き方を続けるつもりです。いつか、またもとに戻る時が来るのかもしれないけど、今はこれでいいんだ。

ここ数年のくすぶっていた、自分への罪悪感が少し消えました。これでいいんだ。

その分、自分の毎日と時間を大事にしたいなぁと思う。

・・・というのが年末頃に考えていたこと。やっと、モヤモヤモヤしていたことに前向きじゃないけど結論がでた。何も仕事に熱意がなくても良いじゃないか。良いんだ!と。

 

で、じゃあ、私はなにをする?という話は次で。